この頃腰痛がきつくなってきたので、信頼できる先生のいる病院駆けつけた先日のこと。

同じ貴重なお金を払って受けるなら質のいい治療なり指導なりを受けたいので、多少遠くてもいい病院を行きつけの病院にしている。そんな信頼できるいい病院の整形外科を受診した先日、その後の経過報告も兼ねて今後の治療方針も仰いだところ、私の場合あまり痛み止めなどの薬には頼らず、リハビリ中心にした方がいいとの先生の判断で、その日のうちにリハビリテーション室の方へ案内された。

こんなリハビリルームが院内に実はあったんだなと、それまで知らなかった部屋に通されて新鮮だった。整体なんかには何度かお世話になったことがあったけど、こういう医学に基づいての運動指導がされるところに通されるのは初めてだった。さっそく、理学療法士さんが触診などでいろいろと私の体を丁寧に確かめてくれた。お若い療法士さんだけどこちらの言うことも丁寧に受け取って聴いてくれることも含め、何かと丁寧な療法士さんだった。整体とは触れ方もまたちょっと違うやり方で、やはり巷のあちこちで何々接骨院とか整体院といった看板を掲げている民間療法との違いは、お医者さんのカルテに基づいてなされるというところにあるのが分かった。

理学療法士さんにいろいろと体の曲がり具合なんかを確かめてもらいながら、痛みがありながらもある程度の可動域を持ち合わせている私の柔軟度には感心され、いろいろと自分なりに確立している実践法なんかを断片的にでも話すと、療法士さんには「かなり真摯に自分の体に向き合っている感じが伝わってきますけど、何かされてたんですか?」とか「アスリートみたいですね」などというお言葉すらいただいた笑。難しく考えず、単に体の声を聞きながらその都度必要な運動などをしていると伝えると、それがどうやらアスリートみたいに感じられるらしい笑。

薬だけを求めて診察なしで薬局に行っても医師の処方箋がない限り単独では薬がもらえないのと同様に、基本的にリハビリ指導は担当医の診察を通してなされるということで、リハビリだけを求めてリハビリ室に駆け込んできてもドクターのカルテがないと受けることはできないとのこともまた分かった。こういう仕組みそのものからも、やはり医学に基づいてなされているんだなということが分かる。話がそれるが、知人の薬剤師がこんなサイトで転職をしていた
薬剤師求人|久留米市で好条件の職場の探し方【私の転職体験談】
好条件求人までネットで調べることができるとは、便利な世の中になったものである。

今回初めて通されて療法士さんからあれこれと懇切丁寧な運動指導をされたリハビリも、本来20分ぐらいの指導だそうだけど、今回は初回だったため40分ぐらいと時間をかけたリハビリタイムとなった。さらに驚いたのはこの日のトータル診療費の方。先生の診察後、リハビリ室で指導があるとのことでこれはかなりの高額を覚悟しないといけないだろうなと構えていたら、無事にリハビリ指導を終えて会計をすると医療事務のお姉さんが「本日770円です」。・・・な、770円!?あんなに丁寧にたっぷり時間もかけて指導がされたのに、たったのそれだけ!?

今回の医療費は痛いだろうと覚悟していただけに、あまりの破格的診療費に思わず拍子抜けしてしまったというか、何だか思いっきりすかされたような感じだった笑。これを同じ時間だけ、それこそ整体などでマッサージ施術を受けたら良心的な治療院でやってもらったとしても普通に最低数千円ぐらいはかかることだろう、医療行為じゃないから保険も利かないし。それに比べたら今回投薬がなかったこともあるけどかなり安上がりで良心的価格で済んだのでひと安心だしありがたいこと極まりなかった。

もちろん単に費用だけ安ければいいというわけではないけど、質のいい指導をこれだけの価格で受けられたのは本当にありがたい。
いろんな意味、行って正解の病院だった!